トップページ → 規制前後シュミレーション

規制前後シュミレーション

では、レバレッジの規制により、具体的に何が変わるのでしょうか?

そもそもレバレッジとは何でしょうか?
これは、日本語に訳すと、「てこ」という意味になります。

FXでは、まずFX業者に証拠金を預けます。
証拠金とは、担保のようなものであり、その資金を元でとし、取引を行います。
たとえば、。50万円の証拠金を預けたとし、レバレッジが100倍ならば、10万円の元で50万ドルの取引が可能になります。(1ドル=100円で計算)

このように、資本金が少なくてもレバレッジを利用することにより、大きなお金を動かすことができるのです。

少ない資本金で、大金を動かせるということは、もうけが出れば利益は大きいですが、逆に、損失も大きくなる可能性があります。

これにより、一瞬の為替の動きにより、大打撃を受けた投資家も少なくないと思います。

金融庁は、このような、個人投資家が大打撃を受けるのを防ぐために、2010年より、ロスカットや証拠金に関する規制を実施しています。
そして、2010年8月から、レバレッジに関しても規制がかけられることとなりました。

なぜ、このようなことになったのかというと、金融庁の真の目的が別にあったからなのです。
このレバレッジ規制の真の目的は、官僚の天下り先の確保のためだったのです。

このような、証券や金融を扱っている業者というのは、昔から、官僚の天下り先となっているのです。
たとえば、「くりっく365」などの業者がそうです。官僚としては、「くりっく365」には、これからも長く存続して欲しいのですが、そのためには、他のFX業者の価値を落とす必要がありました。
そのため、レバレッジ規制をかけ、他の業者を陥れ、クリック365で顧客を獲得しようという作戦だったのです。
自分のことしか考え無いバカな官僚どもが、こうやって日本のマーケットを縮小させ、自分の懐だけ暖めようとしているのです。
このようなクズ人間のせいで、日本の経済は衰退していくのです。

このさい、日本の経済など無視しましょう。
レバレッジ規制のかかっていない海外のFX業者に目を向けるのです。

レバレッジが何倍だろうが、一万通貨で1銭動くと100円の損益です。
規制が掛かろうが今までと同じです。 
現在、個人投資家において、一番に人気のある投資方法であるFXですが、2010より、FXにおける、レバレッジが規制されます。なぜ、規制されるようになったのかというと、悪質FX業者の犯罪や、高いレバレッジ競争が繰り広げられたことなどが原因となり、金融庁が、レバレッジを25倍までにも規制するとの発表をしました。しかし、行きkなり25倍まで下げるのではなく、2010年まで猶予期間を設けて、まずは50倍まで下げ、2011年には、全てのFX業者に25倍までレバレッジを下げさせることが…
2010年から、レバレッジを50倍、2011年には25倍まで規制されるレバレッジですが、この規制に関して、金融庁に対して、1000件近いコメントが寄せられました。そして、そのコメントの大多数が反対意見でした。その反対意見を…
では、レバレッジの規制により、具体的に何が変わるのでしょうか?そもそもレバレッジとは何でしょうか?これは、日本語に訳すと、「てこ」という意味になります。FXでは、まずFX業者に証拠金を預けます。証拠金とは、担保のようなものであり、その資金を元でとし取引を…
官僚の天下り先の確保のためのレバレッジ規制により、FXをやるメリットはほとんどなくなっていまいました。ただ、ひとつだけ、それを回避する方法があります。レバレッジ規制を受けないFX業者を利用すればよいのです。規制を受けない業者とは、日本国外のFX業者のことです。海外のFX業者に口座をつくり、取引をすれば、官僚様たちの影響を受けずにFXをすることができます。海外のレバレッジ上限を見てみると、アメリカでは100倍イギリスでは…
[PR] 「みんなのFX」でFX取引をはじめよう
[PR] 50円から取引のバイナリーオプションはみんなのバイナリー
[PR] ソーシャルレンディング業者を徹底比較!一番信頼できるのはどこ?